玉津 農園日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 吉運堂鶴岡店で作った墓は大丈夫か?

<<   作成日時 : 2017/01/14 19:58   >>

トラックバック 0 / コメント 0

さて、前回のブログで、我が家に直接の被害はなかったものの、売掛金を吉運堂鶴岡店営業Sが着服し、その影響で我が家に吉運堂本社総務部から二重請求が来た話をした。

この時点で吉運堂鶴岡店とは信頼関係が完全に崩れた。

そして今、墓の基礎などは確実に施工されているのかがさらなる不安となっている。

現場も隠すように突然完成しているのもその一因だ。
基礎のコンクリートはどんなコンクリーとが使われているのだろう。圧縮強度は?スランプは?鉄筋径とピッチは?かぶりは?配筋位置は?養生はしっかりされていたのだろうか?生コンはどこの工場から出荷されたのだろう??JISはあり??考えれば考えるほど不安が募る。


吉運堂鶴岡店店長には施工中の写真か何かないのかと聞いたが、「調べてみる」との返事だけ。確かに普通の民間工事で写真を撮影することは少ないのかもしれない。
だからこそ民間工事は手抜きが多いのも確かである。

着工の日等を教えてもらえらべ、現場の確認もできたのにと思っている。

最終的には非破壊検査でもしてもらうことにするかな?そもそも墓の基礎構造や配筋の基準はあるのだろうか?何が正解かが分からなければ確認する意味もない。

吉運堂鶴岡店営業Sは契約後に打ち合わせするからといったので信じていいたし、その打ち合わせで、構造を確認するれば良いと思ったわけで、やはりこうなったら非破壊検査をお願いしてみるか。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
吉運堂鶴岡店で作った墓は大丈夫か? 玉津 農園日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる